1週間は7日間

主に心理学の生活に必要な情報、必要ない情報を発信していく系のブログ

大学行きたくない・・・雨は単位を落とす元凶。

f:id:Noyleseevisions:20170710090327j:plain

 

 朝起きた瞬間なんだが外が暗い。ザーザーと耳障りな音が鼓膜を叩く。

 

 

 

 ???「あ、雨降ってる。今日は授業サボろ。」

 こうなったらもう大学生になってしまっていると思います。

 

 

 雨がドバドバ、シトシト降る中、靴を濡らして学校まで行きたくねえよ!と思っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか!?

 

 もちろん私もその一人なんですけどね!!!

 

 

 大学から自転車7分ほどに場所に住んでいたので、雨の中講義にでようと思ったら20分は早く動かないと何かあったら遅刻になってしまうんですよね~。朝から早く動きたくねえ!めんどくせえ!

 

 

 というわけで大学生が考える雨の日の過ごし方!

 

 

1.音楽を聴いて、気分を保とう!

 雨の日は原チャも自転車も使えずとにかく徒歩。車が使える人は知りません。片手が傘でふさがっているので、もう片方でスマホを触るのも気に入らない。というわけでハンズフリーなイヤホンで音楽を聴いて楽しく大学へ向かいましょう!私の雨の日に聴きたい私的おススメ音楽も何曲か紹介しまーす!

 

 

~けーすけのオススメ雨の日曲5選~

 

・AAA 「恋音と雨空」

・ゆず「雨のち晴レルヤ」

福山雅治「squall」

さだまさし「雨やどり」

・SOUND HOLIC「Rainy, rainy days」 

 

 

 上2つは有名な一般大学生向けの曲。切ない恋の歌である「恋音と雨空」。めっちゃ聴きました(笑)下を向きがちな雨空に前を向く気力を与えてくれる「雨のち晴レルヤ」。朝の連ドラの主題歌でしたね。

 

 ちょっと渋い大人向けの音楽は3,4曲目です。福山雅治「squall」は不朽の名曲です。シトシト雨は哀愁と変えてくれます。明るい気持ちになれるさだまさし「雨やどり」もぜひぜひ!聴いてみてください!クスッとにこやかになれるよき歌詞ですね(笑) 

 

 5曲目は自分アニメオタクだなーって人におすすめの曲。「Rainy, rainy days」は雨の日のアがる曲ナンバーワンです!雨の雫は宝石です!

 

 

 

 

 

2.雨の日の出席でしっかりもの感アップ!

 雨だからって講義をサボる人って結構いたりします。特に雨が強い日は講義室は広いのなんの!露骨に人が減るってのもよくある光景だったりします。そんなときこそしっかり講義に出よう!雨の日でもしっかり授業に出るのは実は当たり前ですよ!

 

 雨の怠さににやられた友達が講義に出てなくて、ノートやプリントを見せてほしいと言ってきます。そんな時はニッコニコの笑顔で冗談ぶって言いましょう。

 

 「ジュース1本で手をうってやろう(ドヤア)」

 

快く奢ってくれると思います(笑)こちらもノートのコピーをさせてあげましょう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

3.雨の日にしかできないお洒落だってあります!

 雨の日を逆にお洒落で乗り切る女の子だってたくさんいるみたいです!軽めのレインブーツを履けるのは雨の日くらいですし、体温調整のストールなんか、傍から見てもカワイイですよね!もちろん私はあんまり詳しくないからなんとも言えないですけどね!

 

 男性だった私は、靴を乾かすのが嫌だったので、発想が一周回ってサンダルやクロックスで出席することもありました(笑)。結局濡れるならいっそ濡れちまえ!ってやつですね!帰ったら風呂場で足を洗ってタオルで拭くだけなので簡単で楽ちんでしたよ!周りのことは気にすんなって!

 

 

 

 

 

 

4.いっそサボってしまう。

 一番ダメなパターンです。時間に余裕があるならちゃっちゃと支度をしましょう。

 

 

 

 

 

~まとめ~

  雨というのは憂鬱なものですよねえ。洗濯物乾かないし、湿気ジメジメでカビの心配もしないといけません。

 しかし!楽しむ、無理やり楽しくできる方法はこんなにもあります!みなさんも自分なりの楽しみかたを持っていますか?ぜひぜひコメントに残していただけると嬉しいです!

  

 よくある話ですが、雨が降らなければ虹は見えません。虹の根元を探しに大学に行く!くらいの気持ちでいきませんか? 

 雨雲も憂鬱も吹っ飛ばせ!くらいの気持ちで生きてるほうが精神的に楽ちんですよ!なんとかなるんで!

 

  本当に警報が出ていたり、避難勧告、身の危険を感じたときは速やかに適切な行動をとりましょう。それでも大学に行って事故にあっても責任はとれません(笑)