1週間は7日間

主に心理学の生活に必要な情報、必要ない情報を発信していく系のブログ

性犯罪の罰則が厳しくなったってよ。

   

 

            f:id:Noyleseevisions:20170713141049j:plain

 2017年7月13日、性犯罪を厳罰化する改正刑法が施行されました。ニュースでも取り上げられたでしょう。何がどのように変わって、どうなったのか?とニュースや新聞のメディアだけではわからない方も多いと思います!!かみ砕いて少しだけ説明してみます。

 

 変わったのは主に下の3つです!

 

 

強姦罪の名称を「強制性交等罪」に変更された。

 

・法定刑を引き上げた。

 

強姦罪や強制わいせつ罪などで起訴するために被害者の告訴が必要な「親告罪」規定を撤廃した。

 

 

これだけでは何がどうなったのかさっぱりわからない!

というわけで説明タイム。上から説明していきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

1.強姦罪の名称が「強制性交等罪」に変更された。

 

 そもそも「強姦罪」って何?という方に説明いたします。

 

 強姦罪とは、暴行(暴力)または脅迫を手段とし、女性を抗拒不能の状態において姦淫する罪。ざっくり説明すると、暴力や脅しで女性を抵抗できない状態にして、性交渉をことをすることですまた、被害者が13歳未満である場合は脅してなくても、暴行を加えてなくても、そのような行為をしただけで強姦罪になります。

 

 

 

 

 その「強姦罪」の名称が「強制性交等罪」に変更されました。名前変える必要があったかどうかは知りません‼これまでの強姦罪では女性にのみ適用されていましたが、男性にも適用されるようになりました。さらには親などが、立場を利用して18歳未満の子供とわいせつ行為を行った場合、暴行や脅迫がなくても成立します。

 

 

 

「男性に適用させる必要なんかないんじゃ?」という声もあがるかもしれません。そもそも強姦というものは女性の膣に淫行をするというものでした。男性には「膣」というものはありません。しかし、「肛門」であったり「口」というものはあります。

 「強姦」の定義が「女性の膣」から「男性、女性の膣、肛門または口」に広がったということですね!

 

 変更点がわかっていただけたでしょうか?女性のみ!から男性も女性も同じく!になったわけですね。

 

 

 

 

2.法定刑を引き上げた。

 法定刑とは、簡単に言ってしまえば、「法によって決められている刑罰」のことです。例を出してみると、

 

 殺人罪・・・刑法199条によって、死刑または無期もしくは5年以上の懲役。

 

となります。

 

 法によって、刑罰が決められていますよね。これの下限が引き上げられたということです。強姦罪の下限(最低限の懲役年数)は3年でした。これが5年に引き上げられたということですね。最低でも5年の懲役が付きますよ、2年以上増やしますよってことです。

 

 

 

 

 

3.強姦罪や強制わいせつ罪などで起訴するために被害者の告訴が必要な「親告罪」規定を撤廃した。

 

 専門用語が多くて何言ってるかわからねえよ!という方ばかりではないでしょうか。これはちょっと難しい問題です…。1つずつ説明していきますね。

 

起訴とは・・・検察官(訴える被害者側)が裁判所に審判を求めることですね。

・告訴とは・・・被害者が捜査機関に対して、犯罪行為を申告して行動を起こしてもらうようにすることですね。

親告罪とは・・・上二つが必要な罰のこと。起訴すると事実が世間に出回ってしまい、逆に被害者側に不都合になってしまうパターンも存在します。周囲には、自分が強姦をうけたなどという事実を知られたくはないですよね。

 

 

 

 これまでは強姦があっても、被害者サイド(検察官など)が「裁判お願いします!」と言わなければ裁判にはならなかった。被害が軽く、被害者の意思を無視してまで大事にする必要はない、となる場合がこれにあたります。被害者のプライバシーを守るための大切なものですからね!!

 

 

 その親告罪がなくなってしまうということですね。これによって判断が難しい事件なども強姦罪として処罰可能にはなりました。しかし、被害者側の意思はどうなるのでしょうか?隠しておきたい被害を知られてしまう恐れが出て来てしまいますね…。これは大きな課題1つとしてシコリが残ります。

 

 

 これが大雑把な性犯罪厳罰化の改正刑法の概要となります。わけわからなかったニュースが少しはわかってきたでしょうか?

 

 

110年ぶりの法改正で正直驚いています(笑)。110年前って何年前の話だよ(笑)

 110年前ということはまだ明治時代です。その頃に、どのような出来事があったか有名なところをちょっとだけ紹介しますね。

 

 

 

足尾銅山での労働争議

・義務教育が6年間になる(現在は9年)。

 

 

もはや100年以上も前だと歴史の教科書でしかわからないレベルですね!(笑)