1週間は7日間

主に心理学の生活に必要な情報、必要ない情報を発信していく系のブログ

自分に自信が無いやついるよな、俺もだけどな!

f:id:Noyleseevisions:20170717000146j:plain

 

 

 

自分に自信がない人っていますよね。なんかオドオドしてたり、ボソボソ喋ったり、常に他人の顔色を伺ったりしてる人。

 

まあ自分もその中の一人なんじゃないかな!って思ってます!

 

だってアレじゃないですか?自分が間違ったこと言ってたら嫌じゃないですか!恥ずかしいじゃないですか!自分そんなにイケメンじゃないんですよ!自分の容姿には自信がないですよ!とか人それぞれに色んな理由があるんじゃないでしょうか?

 

ではなぜ自分に自信がなくなるのでしょうか?

 

 

 

 

1.過去にあった自信を無くす原因。

「なんかわからんけど自分に自信がない・・・」って人は少ないです。自信がないということは過去に何か大きな失敗、もしくはつらい経験をしたことがあるんじゃないでしょうか?自信というものは成功体験、もしくは褒められることで心に残っていき、自分の人格となっていきます。過去に充分なチャレンジをせず、他人から認められていない、逆に貶されることが多い人間は自信を無くしてしまいます。

 

私は小学生の頃、友達が少なくクラスでは完全に空気でした。他人に会話を合わせる能力がなかったんですね。別にスポーツができるわけでもなく、友達が多いわけではない私はいま思えば浮いていた存在だったのかもしれません。そして小学校6年の時、その状況は悪化します。

 

自分が唯一といってよい親友2人がほぼ同時タイミングで転校してしまったのです。完全に理不尽な不幸でした。完全に孤立しました。休憩時間はすべて図書館で時間を潰しました。おかげで本を読む習慣がついてしまいました。なかなか苦痛な1年でした。自殺しなくてよかったです。

 

f:id:Noyleseevisions:20170717000209j:plain

 

 

2.自信がつくにはどうすればいいのか?

 では自信をつけるにはどうすればよいのでしょうか?失敗を続けてきたから自信がないわけです。ならば自信をつけるには成功するしかないのです。それ以外の方法を私は知りません。

 

みなさんには好きなことは何かありますか?私はゲームと将棋が好きです。私は他人と対戦して勝ったり、何かすごいことをして褒められるととっても得意げな、誇らしい気分になります。そうです、これが自信です。成功すれば次もこうすればなんとかなる!こう思えば次の行動の仕方がわかります。オドオドしなくても大体の道筋が感覚的にわかっているので慌てる必要はなくなります。

 

前述したように私は対人関係を構築するのがとても苦手でした。最低限の友人だけで固まっていれば楽しい、それで十分でした。自分には価値がないと思っていたので積極的に他人に話しかけることはなくなりました。目立たずひっそりと生活をすることを胸に刻んでいました。

 

しかし、思いもよらぬところから転機は訪れました。高校2年生の球技大会です。クラス対抗の球技大会のサッカーに出場していました。そこで不幸にもホイッスル寸前に決勝点を決めてしまうのです。100%注目の的です。ゴールの嬉しさと周囲の目の恐怖の板挟みでグチャグチャな心境でした。

 

周囲は私を褒めたたえてくれました。すごい!よくやった!すごかった!

そんな言葉かけられたのはいつ以来でしょうか?私も得意げになったものでしたから笑顔で過ごしました。普段、まったく話さない女の子からも話しかけられるようになるレベルになりました。そこでようやく気付きました。「別に卑屈に過ごす必要なんてない。普通にしていればいいんじゃないか?」そこから対人関係への恐怖はすっかりなくなりました。自分という存在が、自分と他人から認められた瞬間でした。今でもたくさんの人と過ごすのは大好きです。

 

f:id:Noyleseevisions:20170717000327j:plain

 

 

 

 

3.人生という名のクソゲー

 育てられた人格というものは正直簡単に変わるものではありません。私も社会に出たら自分に自信がなくなりました。最低限の社会常識や大人のマナーというものがさっぱりなかったからです。最初からすべてができる人間なんていません。失敗して覚えることも大切です。人生はトライ&エラーの繰り返しです。それを子供のうちから学んでおくということは大切です。

 

教育上よろしくないといわれるゲーム。熱心な教育者である親御さんはゲームさせず勉強なんて言うかもしれません。しかしゲームはある意味教育的です。ゲームは楽しいものです。熱心にプレイします。しかしボスみたいな勝てない相手が出てきますよね。ボスに勝つために何度も挑戦します。そして負けます。しかし先に進むため何度も挑戦します。これが人間に必要なトライ&エラーです。勝つと達成感がありますし、自信にもなります。

 

両親に褒めてもらうことも大切です。「褒めて伸びる人間です!」とかいらっしゃいますがその通りです。怒られて伸びる人間は、真に成長したとはいえません。どこかで間違いなくボロがでます。子供でも友人でも褒めてあげましょう。それはその人の自信となり生きる気力になります。

 

f:id:Noyleseevisions:20170717000405j:plain

 

 

~まとめ~

 自分に自信がないやつ。そういう友達がいたら褒めてやってくれ。もちろんわざとらしくないように。自分に自信がないやつ。好きなことをしろ!もっというと好きなことに挑戦しろ!ゲームのハードモードでもいい!なんでもいい!失敗して学ぶということがわかればいい!最初はそれでいい。人間失敗しないやつなんていない。もし失敗しないやつがいたら相当運のいいやつか影で努力しているのどっちかだ。

 

 人間みんな違って当たり前なんだし、もっとカッコ悪く足掻いてみようぜ。(激寒)